REPORT

レースリポート

(C)BOATRACE

元AKB48大家志津香がスペシャルライブ登場!レディースオールスター優勝戦を悔いなく走る松尾夏海

2022.02.27

桐生のナイターレース「G2第6回レディースオールスター」はきょう27日が最終日。12Rで優勝戦が行われる(下図参照)。予選最終競走こそ5着だったが、あとは1着を並べている田口節子がV候補筆頭。昨年末のプレミアムG1クイーンズクライマックス以来の優勝で、女子第一人者を改めて印象づける可能性が高い。
しかし、楽観視できるわけではない。

(C)BOATRACE

持ち前の調整力で伸び強力な高田ひかる(2号艇)
優勝すれば通算1000勝となる長嶋万記(3号艇)
ターンの返りがよく出足良好の守屋美穂(4号艇)
旋回後の押しが力強く十分戦える細川裕子(5号艇)
舟足のバランスに納得している松尾夏海(6号艇)

以上、ライバルたちとて虎視眈々(こしたんたん)。最善を尽くしてくる。たとえコースが遠くても可能性に賭けるのはレーサーとして当然。本能といってもいいだろう。

(C)BOATRACE

そういう点で、最も不利な6コースが想定されるものの松尾夏海【写真3枚とも】の戦いぶりが注目される。
デビューは2010年11月。徹頭徹尾攻め切るスタイルを追求してきたが、10年を節目にレーススタイルに幅が出てくるようになって現在に至っている。
「まくり」プラス「差し」である。

(C)BOATRACE

事実、昨年末のクイーンズクライマックスシリーズ戦は2コースから差し、デビュー初優勝を飾った。
今節も初戦こそ5コースからまくりに出たが、あとは差しハンドルで好位をキープ。成績をまとめファイナリストになった。きのうの準優勝戦(5コースから2着)もそうである。

いいカタチで2021年を締めくくった松尾夏海にとって、飛翔の年とするにふさわしいのが2022年。8月2日開幕のG1レディースチャンピオンの舞台が地元丸亀だからである。
結果や勝ち負けはつくが、自在で内容の濃いレースに努め、悔いなく走ることだろう。

(C)BOATRACE

ファン注目の「G2第6回レディースオールスター」のYouTubeライブは連日配信されてきたが、いよいよ最終日。18時スタートの予定である。

関連記事

  • レースリポート
    堀之内紀代子が開幕4連勝 3日目は苦手の”3コース”克服なるか 戸田オールレディース
    2022.05.18
  • レースリポート
    戸田オールレディース初日はインわずか2勝 2日目は廣中智紗衣らに注目
    2022.05.17
  • レースリポート
    初日12Rは女子戦復帰の香川素子が1号艇で登場 戸田オールレディース
    2022.05.16