REPORT

レースリポート

(C)BOATRACE

序盤2日間で万舟券なし 藤崎小百合らに高配当期待! 若松オールレディース

2021.09.21

 若松オールレディース(9月19日~24日開催)は2日目が終了した。12Rのドリーム戦は1号艇の守屋美穂(岡山)が辛勝。1マークでは細川裕子(愛知)にまくり差しで入られたが、2マークで逆転のツケマイを決めて1着をもぎ取った。2着には3コースまくり差しの好旋回を見せた細川、3着には6コースから最内を差した金田幸子(岡山)が入り、3連単1-3-6で5450円の19番人気決着となっている。

 さてシリーズ序盤の2日間を終えた若松オールレディースだが、ここまで24レース行われて3連単万舟券がゼロ。堅めの決着が目立っている。果たして今節初の万舟券を提供するのは誰になるのか。3日目に高配当を期待できそうな選手を挙げてみたい。

(C)BOATRACE

 まずは6Rに4号艇で登場する地元の高田綾(福岡)【写真上】だ。今期4コースは15戦3勝で1着率20%をマーク。5月の大村一般戦では4コースまくりで3連単1万2180円、5月の徳山オールレディースでは4コースまくり差しで3連単2万4190円、8月の平和島一般戦では4コース差しで3連単4万1120円を出している。

 高田が今節手にしたモーター29号機は2連対率4位の好素性機。前節の一般戦で仲谷颯仁がオール3連対Vを飾ったばかりだ。高田は今節ここまで3・4・5着で予選27位となっているが、3日目以降巻き返してくる可能性十分だろう。

 もう1人は10Rに5号艇で登場する地元の藤崎小百合(福岡)【冒頭の写真】だ。今期5コースは13走して1着2本、2着5本で2連対率54%という好成績。7月のG2全国ボートレース甲子園で5コースまくりを決めて3連単9万8220円の大穴を出したのも記憶に新しい。

 藤崎は今節ここまで3・2・1着で予選9位と好調ムード。1月の丸亀一般戦以来となる久々の優出へ期待が高まってきた。藤崎は若松で優出6回の実績があり、これは24場のなかで最も多い数字。得意の若松で暴れ回るのか注目だ。

関連記事

  • レースリポート
    序盤2日間で”まくり”10本出現 宇野弥生・五反田忍ら速攻派が魅せる 芦屋オールレディース
    2021.10.17
  • レースリポート
    A1級初昇格を目指す實森美祐と中川りな 芦屋オールレディース
    2021.10.16
  • レースリポート
    初日DRは寺田千恵に注目 50号機と約2カ月ぶり再タッグ 芦屋オールレディース
    2021.10.15