REPORT

レースリポート

(C)BOATRACE

田口節子が女子レーサー史上初の全24場制覇の偉業達成! 福岡オールレディース

2021.09.19

 福岡オールレディース(9月13日~19日開催。17日は中止)が19日、終了した。優勝戦は1号艇の田口節子(岡山)【冒頭の写真】が快勝。インからコンマ10の好スタートで逃げ切った。2着には5号艇の浜田亜理沙(埼玉)、3着には3号艇の堀之内紀代子(岡山)が入り、3連単1-5-3で3910円の13番人気決着となっている。

(C)BOATRACE

 勝った田口は今年4回目の優勝で通算63V。福岡では初めての優勝となった。これで田口は全国24場すべてで優勝を記録することになり、男子を含めて史上33人目の「全場制覇」を達成。女子レーサーでは史上初の偉業となった。

【田口節子 レース場別優勝回数】
桐生(1回)、戸田(3回)、江戸川(1回)、平和島(6回)、多摩川(4回)、
浜名湖(1回)、蒲郡(3回)、常滑(1回)、津(7回)、
三国(3回)、びわこ(1回)、住之江(1回)、尼崎(2回)、
鳴門(4回)、丸亀(2回)、
児島(5回)、宮島(2回)、徳山(2回)、下関(2回)、
若松(3回)、芦屋(5回)、福岡(1回)、唐津(1回)、大村(2回)

(C)BOATRACE

 田口節子【上の写真は優勝後のピットで】はこれで優勝賞金105万円を獲得。今年の女子賞金ランキングは前日4位から変わらないが、今年の獲得賞金を2794万円にまで伸ばした。昨年のクイーンズクライマックス出場ボーダーは2773万1600円となっており、田口はこの額をクリア。3年連続5回目のクイーンズクライマックス出場へ当確ランプは間近といっていいだろう。

 今年のクイーンズクライマックスは福岡が舞台。約3カ月後にこの水面へ帰ってくるであろう田口が、次はどんなドラマを見せてくれるのか楽しみだ。

【2021年女子賞金ランキング】(9月19日、19時40分現在)
1位 遠藤  エミ 41,716,000円 (福岡優勝戦5着)
2位 平高  奈菜 35,701,000円
3位 小野  生奈 31,451,266円
4位 田口  節子 27,940,000円 (福岡優勝戦1着)
5位 渡邉  優美 26,163,266円
6位 守屋  美穂 25,525,000円
7位 寺田  千恵 23,651,000円
8位 平山  智加 23,287,000円 (福岡優勝戦4着)
9位 三浦  永理 23,201,000円
10位 細川  裕子 22,658,000円
11位 浜田 亜理沙 22,593,595円 (福岡優勝戦2着)
12位 竹井  奈美 22,168,000円
―――クイーンズクライマックス出場ボーダー―――
13位 鎌倉   涼 21,697,000円
14位 海野 ゆかり 21,564,000円
15位 西村 美智子 21,296,000円
16位 大山  千広 21,258,000円
17位 松本  晶恵 21,242,000円
18位 櫻本 あゆみ 21,146,000円
19位 宇野  弥生 20,906,000円
20位 中村  桃佳 19,441,000円

24位 堀之内紀代子 17,930,000円 (福岡優勝戦3着)
68位 池田  紫乃 10,375,000円 (福岡優勝戦6着)

関連記事

  • レースリポート
    序盤2日間で”まくり”10本出現 宇野弥生・五反田忍ら速攻派が魅せる 芦屋オールレディース
    2021.10.17
  • レースリポート
    A1級初昇格を目指す實森美祐と中川りな 芦屋オールレディース
    2021.10.16
  • レースリポート
    初日DRは寺田千恵に注目 50号機と約2カ月ぶり再タッグ 芦屋オールレディース
    2021.10.15