REPORT

レースリポート

(C)BOATRACE

準優は2号艇の日高逸子、細川裕子、倉持莉々がカギ 芦屋オールレディース

2022.12.04

 芦屋オールレディース(12月1日~6日開催)は4日に、4日目が終わって予選ラウンドが終了。5日に行われる準優勝戦のメンバーが決まった。

<芦屋 5日目 10R 準優勝戦>
1号艇 大橋 栄里佳(福岡) 前期1コース1着率56%
2号艇 日高  逸子(福岡) 前期2コース1着率9%
3号艇 西村 美智子(香川) 前期3コース1着率7%
4号艇 深川 麻奈美(福岡) 前期4コース1着率5%
5号艇 小芦 るり華(佐賀) 前期5コース1着率0%
6号艇 大橋  由珠(東京) 前期6コース1着率5%

<芦屋 5日目 11R 準優勝戦>
1号艇 川野  芽唯(福岡) 前期1コース1着率63%
2号艇 細川  裕子(愛知) 前期2コース1着率47%
3号艇 滝川 真由子(長崎) 前期3コース1着率6%
4号艇 香川  素子(滋賀) 前期4コース1着率10%
5号艇 犬童  千秋(福岡) 前期5コース1着率0%
6号艇 堀之内紀代子(岡山) 前期6コース1着率20%

<芦屋 5日目 12R 準優勝戦>
1号艇 渡邉  優美(福岡) 前期1コース1着率73%
2号艇 倉持  莉々(東京) 前期2コース1着率33%
3号艇 遠藤  エミ(滋賀) 前期3コース1着率12%
4号艇 浜田 亜理沙(埼玉) 前期4コース1着率29%
5号艇 五反田  忍(大阪) 前期5コース1着率10%
6号艇 高田   綾(福岡) 前期6コース1着率0%

 準優3個レースは、いずれもカギを握りそうなのは2号艇。日高逸子、細川裕子、倉持莉々だ。

(C)BOATRACE

 10Rの2号艇には地元の日高逸子【写真上】が座る。前期は2コースで22戦2勝の1着率9%とやや苦戦。2着が10本と勝ちきれないレースが目立った。しかし2コース最近10走は3・4・1・転・2・1・4・2・1・1着で4勝をマークする活躍。前節のレディースチャレンジカップでは2コースからインの平山智加を破るレースもあった。調子を上げてきている日高が黒いカポックで魅せるのか。

 11Rの2号艇は細川裕子。前期2コースは30戦14勝の1着率47%という好成績だ。細川は前々節の常滑オールレディースで優出3着、前節の鳴門レディースチャレンジカップでも優出3着と近況好リズム。3節連続優出をめざして準優2号艇でどんな走りを見せるのか。

 12Rは倉持莉々【冒頭の写真】が2号艇で登場する。倉持は今節序盤こそ2・4・5着と苦戦したが、2日目後半にピストンリング1本の交換を行うと、そこから2・3・2・2・1着と一気にリズムアップ。さすがの立て直しを見せ、前期勝率で女子ナンバーワンの底力を発揮してきた。前期2コースは12戦4勝で1着率33%と申し分ない成績。1号艇には予選トップ通過の渡邉優美、3号艇にはSG覇者の遠藤エミがいる難しい番組だが、どんな立ち回りを見せるのか注目だ。

関連記事

  • レースリポート
    女子予選7位の西橋奈未が紅組の切り札! 芦屋レディースvsルーキーズバトル
    2023.01.30
  • レースリポート
    艇界屈指の美人姉妹レーサー!2023年は飛躍の年に!
    2023.01.30
  • レースリポート
    ナチュラルエイジングの日高逸子が通算2500勝にさらに接近! 戸田
    2023.01.29