REPORT

レースリポート

(C)BOATRACE

2日目は清水沙樹ら地元東京勢が8勝の大暴れ! 平和島ヴィーナスシリーズ

2022.04.16

 平和島ヴィーナスシリーズ(4月15日~20日開催)は16日、2日目が終了した。原田佑実(大阪)が1・1・1着の3連勝で予選首位に浮上。予選2位に田口節子(岡山)、予選3位に清水沙樹(東京)がつけている。

 2日目各レースで1着を奪った選手は以下のとおり。

1R 栢場  優子(東京) 1コース逃げ
2R 渡邉 真奈美(東京) 2コース差し
3R 堀之内紀代子(岡山) 2コース抜き
4R 永井  聖美(東京) 5コース抜き
5R 高田 ひかる(三重) 1コース逃げ
6R 清水  沙樹(東京) 2コース差し
7R 宮本  紀美(東京) 2コース差し
8R 高石  梨菜(東京) 1コース逃げ
9R 大橋 栄里佳(福岡) 1コース逃げ
10R 渡邉 真奈美(東京) 4コース差し
11R 原田  佑実(大阪) 2コースまくり
12R 倉持  莉々(東京) 1コース逃げ
 ※()内は支部

 2日目活躍が光ったのは地元の東京支部。1、2、4、6、7、8、10、12Rを制して実に8勝を挙げるピンラッシュだった。

 栢場優子は1Rでイン逃げ快勝。今節初白星でデビュー通算799勝目となった。3日目は6R6号艇と11R4号艇で800勝到達を狙う。

(C)BOATRACE

 渡邉真奈美【写真上】は2Rで2コース差し、10Rで4コース差しを決めて圧巻の2連勝。1日2勝は自身4回目だ。4・1・1着で予選6位まで上がってきた渡邉がV争いをにぎわす存在となってくるのか。

 永井聖美は4Rを5コース抜きで制して3連単2万円台の高配当を提供した。今節手にしたモーター75号機は2連対率15位だが、前節乗った三角哲男がクランクシャフト交換を行って優出2着に入った注目機。3日目以降もどんな舟足を見せるのか必見だ。

 清水沙樹【冒頭の写真】は6Rで2コース差し一閃(いっせん)。2・2・1・2着で予選3位まで上がってきた。清水は今節開幕時点で今期勝率5.95だったが、この活躍で6.03までアップ。今節残り4日間をこのままオール2連対ペースで走ればA1級ボーダーに届く可能性もある。大逆転で4期ぶりのA1級復帰を果たすのか注目したい。

 今年すでに5人が優勝をマークするなど近況絶好調の東京支部女子レーサー。連日地元ファンを沸かせる平和島ヴィーナスシリーズとなってきそうだ。

関連記事

  • レースリポート
    堀之内紀代子が開幕4連勝 3日目は苦手の”3コース”克服なるか 戸田オールレディース
    2022.05.18
  • レースリポート
    戸田オールレディース初日はインわずか2勝 2日目は廣中智紗衣らに注目
    2022.05.17
  • レースリポート
    初日12Rは女子戦復帰の香川素子が1号艇で登場 戸田オールレディース
    2022.05.16