REPORT

レースリポート

(C)BOATRACE

田口節子が予選落ち危機から逆襲狙う 江戸川ヴィーナスシリーズ

2022.01.25

 江戸川ヴィーナスシリーズ(1月23日~28日開催)は3日目が終了した。滝川真由子(長崎)が3・1・1・1着で予選首位に浮上。宇野弥生(愛知)が3・3・1・1・1着で予選2位につけている。

 さて予選最終日となる4日目だが、注目カードには12Rを挙げたい。

<江戸川 4日目 12R 記者選抜戦>
1号艇 海野ゆかり(広島) 予選11位
2号艇 清埜 翔子(埼玉) 予選26位
3号艇 田口 節子(岡山) 予選16位
4号艇 中澤 宏奈(東京) 予選7位
5号艇 稲生 夏季(東京) 予選24位
6号艇 滝川真由子(長崎) 予選1位
※()内は支部

(C)BOATRACE

 1号艇の海野ゆかり【写真上】は今節ここまで1・6・2・3・3着で予選11位。今節は準優2個レース制で予選突破の枠が12しかないため、この12Rは負けられない勝負駆けになる。海野は今節2日目にイン戦があったが、スタートでコンマ25と後手を踏んでまくられ、2着に終わっている。雪辱のイン逃げを決めたいところだ。

 3号艇の田口節子【冒頭の写真】も予選落ちの危機。1・4・4・3着で予選16位という苦しい位置だ。初日12Rでイン逃げを決めて通算1499勝目をマークしたが、大台目前で3走足踏みしている。4日目は8R5号艇と12R3号艇で登場。1500勝と準優出をつかみたい1日になる。

 6号艇には予選首位の滝川真由子が入る。2日目からイン逃げ、5コースまくり、2コース差しで3連勝中。滝川の3連勝は2015年10月以来で実に約6年3カ月ぶりだ。2015年の滝川といえば丸亀レディースチャンピオンで優勝し、クイーンズクライマックス出場も果たしたシーズン。あの時の強さがよみがえってきたような走りを今節見せている。4日目は7R3号艇と12R6号艇で登場。予選トップ通過なるか。

 侮れないのは2号艇の清埜翔子か。前期2コースで21戦9勝の1着率43%をマークした2コース巧者だ。今節はここまで予選26位と苦戦しているが軽視禁物だろう。

関連記事

  • レースリポート
    戸田オールレディース初日はインわずか2勝 2日目は廣中智紗衣らに注目
    2022.05.17
  • レースリポート
    初日12Rは女子戦復帰の香川素子が1号艇で登場 戸田オールレディース
    2022.05.16
  • レースリポート
    前田紗希が5コースまくり差しでデビュー初V 江戸川ヴィーナスシリーズ
    2022.05.16