REPORT

レースリポート

(C)BOATRACE

寺田千恵が苦手”地元ドリーム戦1号艇”克服なるか 児島ヴィーナスシリーズ

2022.01.11

 児島ヴィーナスシリーズ(1月11日~16日開催)が開幕した。初日メーンカードの12R「ヴィーナスドリーム」は1号艇の田口節子(岡山)が快勝。風速7メートルの追い風が吹く厳しい水面状況のなか、田口はインからコンマ14のトップスタートを決めて逃げ切った。2着には2号艇の海野ゆかり(広島)、3着には5号艇の清水沙樹(東京)が入り、3連単1-2-5で980円の3番人気決着となっている。

 さて2日目のメーンカードは12Rの「クラリスドリーム」。ダブルドリームの後半戦として行われる。

<児島 2日目 12R クラリスドリーム>
1号艇 寺田 千恵(岡山) 昨年1コース1着率62%
2号艇 大瀧明日香(愛知) 昨年2コース1着率7%
3号艇 金田 幸子(岡山) 昨年3コース1着率11%
4号艇 鎌倉  涼(大阪) 昨年4コース1着率10%
5号艇 大豆生田蒼(埼玉) 昨年5コース1着率11%
6号艇 喜井つかさ(岡山) 昨年6コース1着率0%
 ※()内は支部

 1号艇で登場するのは地元の寺田千恵【冒頭の写真】。初日5・4着に終わっただけに巻き返しを図りたいドリーム戦になる。

 ただ寺田は児島女子レースの"ドリーム戦1号艇"がなぜかめっぽう相性が悪い。2016年9月の児島オールレディースで3着、2017年12月の児島オールレディースで2着、2018年11月の児島オールレディースで5着(3連単5万1810円)、2020年2月の児島オールレディースで3着、2020年11月の児島オールレディースで3着(3連単6万4120円)、2021年3月の児島ヴィーナスシリーズで2着と、当地オールレディース・ヴィーナスシリーズのドリーム戦1号艇は実に6戦全敗で1回も勝てていない。今度こそ苦手克服なるか。

(C)BOATRACE

 打倒寺田の一番手は4号艇の鎌倉涼【写真上】か。初日10Rで6コース差しから2マーク混戦を制して1着。2022年初レースは6号艇で白星という最高のスタートとなった。また鎌倉にとってこの1着はデビュー599勝目。2日目は5R2号艇と12R4号艇で600勝を狙う。

 舟券のカギは5号艇の大豆生田蒼か。初日8Rで2コース差しを決めて白星発進を飾っている。大豆生田は前期勝率5.62をマークして7期ぶりにA2級復帰。今期に入っても前節の戸田男女ダブル戦で優出2着に入るなど好調を維持している。その戸田戦では5コースまくり差しも決めていただけに、ドリーム戦5号艇でどんな走りを見せるのか注目だ。

関連記事

  • レースリポート
    2日目ドリーム戦は乗れてる渡邉優美が1号艇で登場 多摩川オールレディース
    2022.01.17
  • レースリポート
    土屋南が地元初優勝! ヴィーナスシリーズは3戦連続の「土屋V」!?
    2022.01.16
  • レースリポート
    ドラマ満載だった児島クラリスカップ 166走目で水神祭!松本怜
    2022.01.16