REPORT

レースリポート

(C)BOATRACE

稲生夏季がデビュー通算100勝! 予選2位浮上で準優当確 津ヴィーナスシリーズ

2021.11.19

 津ヴィーナスシリーズ(11月17日~22日開催)はシリーズ前半戦が終了した。3日目を終えての予選上位18人は以下のとおり。

1位 古賀 千晶(兵庫A2) 9.00
2位 稲生 夏季(東京B2) 8.60
3位 土屋実沙希(静岡A2) 8.00
4位 島田なぎさ(埼玉A2) 8.00
5位 篠木亜衣花(三重B2) 7.20
6位 高橋 淳美(大阪B1) 7.17
7位 喜井つかさ(岡山B2) 7.17
8位 山下 友貴(静岡B1) 6.83
9位 加藤  綾(三重B1) 6.83
10位 原田 佑実(大阪A2) 6.83
11位 清埜 翔子(埼玉B1) 6.80
12位 深見亜由美(愛知B2) 6.80
13位 勝浦 真帆(岡山B1) 6.80
14位 土屋  南(岡山B2) 6.60
15位 犬童 千秋(福岡B1) 6.60
16位 山下 夏鈴(三重B1) 6.20
17位 村上 奈穂(広島B1) 6.20
18位 池田 紫乃(長崎B1) 6.00
 ※()内は支部と現級

 2日目まで無傷の4連勝で予選首位だった土屋実沙希は、3日目6着、4着と崩れて予選3位へ後退。代わって1・1・2・2・3・2着とオール3連対をキープしている古賀千晶【写真下】が予選トップに浮上した。

(C)BOATRACE

 そして予選2位に上がってきたのが1・3・3・1・1着の稲生夏季【冒頭の写真】だ。3日目は5Rで2コース差し、12Rで4コース差しを決めて2連勝をマーク。5Rでの1着がデビュー通算100勝のメモリアルとなった。

 稲生は2007年11月16日デビューの101期生。14年と3日での100勝到達だ。稲生の1着で最も有名なレースは初勝利だろう。2009年9月の住之江女子リーグだ。最終日1Rに「夢の初勝利争奪戦」という番組が組まれ、未勝利の選手6人による対戦を実施。誰が勝っても水神祭という異色のレースで、稲生は6号艇で3コース差しを決めて初1着を飾っている。あのレースを出発点として100勝を上積みしてきたわけだ。

 今節4日目の稲生は4R4号艇と10R6号艇で登場する。すでに2019年7月の福岡特別ヴィーナスシリーズ以来となる準優出は当確。狙いは準優好枠取りに切り替わっているはずだ。

 稲生の優出歴は過去2回。2012年12月の児島男女ダブル戦と、2014年2月の丸亀男女ダブル戦でマークしている。もし今節優出となれば約7年9カ月ぶり。久々の優勝戦進出とデビュー初Vを目指す稲生が、シリーズ後半戦でどんな走りを見せるのか注目だ。

関連記事

  • レースリポート
    「BBCトーナメント」なるとで4日開幕! 女子レーサーの活躍に期待!
    2021.12.02
  • レースリポート
    4年ぶり2回目の年末女王に挑戦する遠藤エミ
    2021.11.30
  • レースリポート
    遠藤エミが4回目のレディースチャレンジカップ制覇! 多摩川G2
    2021.11.28