REPORT

レースリポート

(C)BOATRACE

パーフェクトVへ突き進む渡邉優美 最大のヤマ場は5日目7R 鳴門オールレディース

2021.10.05

 鳴門オールレディース(10月2日~7日開催)は4日目が終わって予選ラウンドが終了した。渡邉優美(福岡)【冒頭の写真】が8Rで4コース差し、12Rでイン逃げを決めて快勝。1・1・1・1・1・1・1着と無傷の開幕7連勝で予選トップ通過を果たした。

 パーフェクトVへの期待が高まるなか、5日目の渡邉は7Rと12Rに登場。以下のメンバーで争われる。

<鳴門 5日目 7R 一般>
1号艇 永井 聖美(東京) 予選33位
2号艇 山下 夏鈴(三重) 予選13位
3号艇 松尾 夏海(香川) 予選11位
4号艇 武藤 綾子(福岡) 予選28位
5号艇 渡邉 優美(福岡) 予選1位
6号艇 藤原 早菜(岡山) 予選39位

<鳴門 5日目 12R 準優勝戦>
1号艇 渡邉 優美(福岡) 予選1位
2号艇 金田 幸子(岡山) 予選6位
3号艇 片岡 恵里(山口) 予選7位
4号艇 前田 紗希(埼玉) 予選12位
5号艇 山下 夏鈴(三重) 予選13位
6号艇 角 ひとみ(広島) 予選18位
 ※()内は支部

 渡邉はまず7Rの一般カードに5号艇で登場。ここが最大のヤマ場となってきそうだ。渡邉の今期5コース成績は28戦2勝で1着率7%。今節2日目に5コースまくり差しで1着を奪っており、その再現を狙いたいレースになる。

 迎え撃つ1号艇は永井聖美【写真下】だ。予選は33位という厳しい結果に終わったが、もし不良航法の減点10がなければ予選23位に入っていた成績。今節手にしているモーター80号機は2連対率3位の好素性機でもあり、決して戦えない舟足ではない。また今期インは1・1・2・2・3・1・1・1・1・2着で10戦6勝のオール3連対という上々の成績。インから逃げ切って渡邉の連勝を止めても不思議ではないだろう。

(C)BOATRACE

 12Rの準優は渡邉が1号艇で登場。ここは優勝戦1号艇を確保するためにも絶対に負けられない1走になる。

 ただ、ライバルたちも強力だ。2号艇の金田幸子は2013年鳴門レディースチャンピオンで優勝するなど当地7優出1Vを誇る"鳴門巧者"。3号艇の片岡恵里は今節2日目に強烈な3コースまくりを決めたばかりだ。外枠にも4号艇には今期4コース12戦4勝で1着率33%を誇る"まくり差し巧者"の前田紗希、5号艇には今期5コースで3勝を挙げている"速攻派"の山下夏鈴らが並ぶ。目が離せない一戦となりそうだ。

関連記事

  • レースリポート
    序盤2日間で”まくり”10本出現 宇野弥生・五反田忍ら速攻派が魅せる 芦屋オールレディース
    2021.10.17
  • レースリポート
    A1級初昇格を目指す實森美祐と中川りな 芦屋オールレディース
    2021.10.16
  • レースリポート
    初日DRは寺田千恵に注目 50号機と約2カ月ぶり再タッグ 芦屋オールレディース
    2021.10.15