REPORT

レースリポート

(C)BOATRACE

“準優初1着”の中田夕貴が3号艇でデビュー初V狙う 若松オールレディース

2021.09.24

 若松オールレディース(9月19日~24日開催)は5日目が終了。優勝戦のメンバーが決まった。

<若松 最終日 12R 優勝戦>
1号艇 守屋 美穂(岡山) 今期1コース1着率85%
2号艇 平高 奈菜(香川) 今期2コース1着率9%
3号艇 中田 夕貴(埼玉) 今期3コース1着率15%
4号艇 土屋 千明(群馬) 今期4コース1着率25%
5号艇 原田 佑実(大阪) 今期5コース1着率6%
6号艇 犬童 千秋(福岡) 今期6コース1着率0%
 ※()内は支部

(C)BOATRACE

 予選トップ通過の守屋美穂【写真上】が準優をイン逃げで快勝してポールポジションを獲得。若松オールレディース2連覇に王手をかけた。守屋は昨年、優勝戦1号艇に4回乗って0勝4敗と悔しい思いを重ねたが、今年は優勝戦1号艇で3勝0敗と負けなし。勝負強さを取り戻している。今節もポールポジションからきっちり逃げ切って栄冠を手にするのか。

 2号艇は平高奈菜。こちらは前節の常滑ヴィーナスシリーズに続く2節連続Vをかけた戦いだ。ただ平高は今期2コースで22戦2勝の1着率9%と苦戦ぎみ。2コース1着は3カ月以上前の6月12日が最後となっており、現在2コース15連敗中だ。前期まで5期連続で2コース1着率30%以上をマークしていた平高だけに、近況の2コース不調はやや気になるところか。

 ならば侮れないのは3号艇の中田夕貴【冒頭の写真】だろう。準優で2コース差しを決めて優出切符を獲得。ちなみに中田はこれまで準優で2着7本、3着3本があったが1着はゼロ。今回が準優28走目での初白星となっている。

 今節の中田はここまで9走すべて展示1番時計という快速ぶりで、今節平均展示順位1.00はトップタイの数字(もう1人は東京支部127期・佐藤ほのか)。またスタートも決まっており、今節平均STコンマ12はこちらもトップタイの数字だ(ほかに原田佑実と大橋栄里佳)。充実の内容で勝ち上がってきただけに、優勝戦3号艇で楽しみな存在になるだろう。

 中田は今期3コースで20戦3勝の1着率15%。前々節の芦屋ヴィーナスシリーズでは3コースまくり差しでインの大山千広を破るレースもあった。優勝戦は内枠に守屋・平高が並ぶ強力メンバーだが、いまの中田なら勝ち切れる力は十分にある。通算10回目の優出で悲願のデビュー初Vなるか。

関連記事

  • レースリポート
    序盤2日間で”まくり”10本出現 宇野弥生・五反田忍ら速攻派が魅せる 芦屋オールレディース
    2021.10.17
  • レースリポート
    A1級初昇格を目指す實森美祐と中川りな 芦屋オールレディース
    2021.10.16
  • レースリポート
    初日DRは寺田千恵に注目 50号機と約2カ月ぶり再タッグ 芦屋オールレディース
    2021.10.15