REPORT

レースリポート

(C)BOATRACE

遠藤エミ 思わず感涙にむせぶV 浜名湖レディースチャンピオン

2021.08.11

 「プレミアムG1第35回レディースチャンピオン」の最終日は10日、静岡県湖西市にあるボートレース浜名湖で行われた。

 9日は台風が接近したことによる荒天のため中止順延され、最終日は10日。仕切り直しとなった最終日は、西からの右横風5メートルでオープニング。風速は終日4~6メートルの範囲だったが、10R以降は角度を変えて追い風のコンディションとなった。

(C)BOATRACE

 12R優勝戦のスタート展示では高田ひかるがピット離れで遅れ、つけ直してスロー水域へ。1243/56だったが、本番レースでは高田がピット離れをギリギリ持たせ、枠なりの3対3で大時計の12秒針が動き始めた。スリットでは高田と西橋奈未がやや立ち遅れ、インから伸び返した遠藤エミ【冒頭の写真】が先マイを果たした。2コースの櫻本あゆみが一瞬、差したかのようにも映ったが、バックストレッチで遠藤が外から引き離し、トップをキープしたまま先頭でゴール。櫻本は追いすがる渡邉優美を振り切り2着を確保した。3着は渡邉で3連単は1-2-5で1120円の1番人気だった。

 優勝した遠藤は仲間の待つピットへ帰ってくるなり、両手でセーフのポーズ。「1マークは(ターンマークに)寄らないようにしたら(ターンマークを)外し過ぎました」と苦笑い。「一番取りたかったタイトルなのでうれしいです」と真夏の女王に初めて輝き、喜びを表した。

(C)BOATRACE

 表彰式では感極まり「私以上に私を信じて応援してくれる人がたくさんいて…。本当に感謝の気持ちでいっぱいです」と涙がこぼれた【写真すぐ上】。

 遠藤は今回の優勝で今年は5V。優勝賞金1100万円を加算し、今年の獲得賞金は3724万1000円となり、ランキングは女子1位、男子を含めた全体でも28位まで浮上した。「今後につながる優勝になったと思います」と、視線はしっかりと未来を見つめていた。

関連記事

  • レースリポート
    初日は伏兵のイン逃げ連発! 2日目も山崎小葉音ら1号艇に注目 大村ヴィーナス
    2021.09.26
  • BOAT RACE公式
    若松オールレディース、優勝戦結果速報!!
    2021.09.25
  • レースリポート
    24場制覇の田口節子がドリーム戦3号艇で登場 大村ヴィーナスシリーズ
    2021.09.25