REPORT

レースリポート

(C)BOATRACE

ヴィーナス史上初の3コースまくり差し決着 小野生奈が尼崎の激戦制しV

2021.07.12

 尼崎ヴィーナスシリーズ(7月7日~12日開催)が終了した。優勝戦は3号艇の小野生奈(福岡)【冒頭の写真】が快勝。ダッシュに舟を引いて3カドを選択し、コンマ15の好スタートから鮮やかにまくり差しを決めた。2着には2号艇の海野ゆかり(広島)、3着には1号艇の遠藤エミ(滋賀)が入り、3連単3-2-1で6630円の20番人気決着となっている。ちなみに優勝戦での"3コースまくり差し"決着はヴィーナスシリーズ通算106戦目で初の出来事だった。

(C)BOATRACE

 勝った小野は2月の芦屋G2レディースオールスターに続く今年2回目の優勝で通算20V。優勝20回は高橋淳美、永井聖美、松本晶恵、守屋美穂と並んで現役女子レーサーでは17位タイとなっている。尼崎では2016年4月の一般戦以来2回目の優勝となった。

(C)BOATRACE

 近況の小野は3月の戸田オールレディースで優出2着、4月の福岡ヴィーナスシリーズで優出2着、5月の丸亀ヴィーナスシリーズで優出2着、6月の江戸川オールレディースで優出2着とあと1歩で優勝を逃す節が続き、前節の丸亀一般戦では優勝戦1号艇に乗るも5着に終わる無念も味わった。そんな嫌な流れを見事に断ち切る渾身の3カドまくり差し。2・2・1・2・2・2・1・1・1・1着のオール2連対Vで約5カ月ぶりの優勝を手にした。

 小野は次節は芦屋でのSGオーシャンカップ(7月20日~25日開催)に参戦。最高のリズムで地元SGに臨むことになった。芦屋は2017年にレディースチャンピオンで優勝、今年2月にレディースオールスターで優勝している相性抜群の水面。自身5回目のSG準優出や女子史上3人目のSG優出に向けて機運は高まっている。

【2021年女子賞金ランキング】(7月12日、17時現在)
1位 平高 奈菜 28,349,000円
2位 小野 生奈 24,124,266円 (尼崎優勝戦1着)
3位 遠藤 エミ 22,935,000円 (尼崎優勝戦3着)
4位 竹井 奈美 18,535,000円
5位 田口 節子 18,390,000円
6位 寺田 千恵 17,786,000円
7位 三浦 永理 17,500,000円
8位 細川 裕子 17,399,000円
9位 守屋 美穂 16,803,000円
10位 西村美智子 16,538,000円
11位 海野ゆかり 16,262,000円 (尼崎優勝戦2着)
12位 大瀧明日香 16,241,000円 (尼崎優勝戦4着)
―――クイーンズクライマックス出場ボーダー―――
13位 松本 晶恵 15,846,000円
14位 宇野 弥生 15,511,000円
15位 浜田亜理沙 15,485,595円
16位 鎌倉  涼 15,465,000円
17位 渡邉 優美 15,311,266円
18位 平山 智加 14,971,000円
19位 池田 浩美 14,154,000円
20位 中村 桃佳 14,106,000円

81位 西岡 成美  7,082,514円 (尼崎優勝戦5着)
92位 日高 逸子  6,718,266円 (尼崎優勝戦6着)

関連記事

  • レースリポート
    プレミアムG1レディースチャンピオンは8月4日(水) 浜名湖で開幕!
    2021.08.01
  • BOAT RACE公式
    下関オールレディース、優勝戦結果速報!!
    2021.07.31
  • レースリポート
    渡邉優美が下関オールレディースVで女子賞金ランキング8位に浮上
    2021.07.31