REPORT

レースリポート

(C)BOATRACE

今期3コース1着率64%の寺田千恵が準優3号艇 尼崎ヴィーナス

2021.07.10

 尼崎ヴィーナスシリーズ(7月7日~12日開催)は4日目が終わって予選ラウンドが終了。シリーズリーダー争いは遠藤エミ(滋賀)、海野ゆかり(広島)、小野生奈(福岡)の3人が7走64点の得点率9.14で並ぶ大接戦に。上位着差で遠藤が1位、海野が2位、小野が3位となった。

 準優勝戦のメンバーは以下のとおり。

<尼崎 5日目 10R 準優勝戦>
1号艇 小野 生奈(福岡) 通算94優出19V
2号艇 三浦 永理(静岡) 通算123優出33V
3号艇 大瀧明日香(愛知) 通算117優出10V
4号艇 古賀 千晶(兵庫) 通算8優出0V
5号艇 黒澤めぐみ(東京) 通算2優出0V
6号艇 本部めぐみ(三重) 通算68優出15V
※()内は支部

 準優10Rは3号艇の大瀧明日香が見逃せない。今年3コースは24走して1勝(1着率4%)にとどまるが、2着を実に12本も量産。2着率50%をマークしているだけに優出争いのカギを握る存在となってきそうだ。今節の大瀧は1・3・2・3・3・3・3着で予選9位通過。このあとF休みを控えていることもあって今節平均STはコンマ18とやや自重ぎみだが、卓越したさばきでオール3連対の活躍を見せてきた。準優でも的確に展開を突いてくるのか。

<尼崎 5日目 11R 準優勝戦>
1号艇 海野ゆかり(広島) 通算251優出59V
2号艇 角 ひとみ(広島) 通算200優出28V
3号艇 川野 芽唯(福岡) 通算62優出13V
4号艇 西岡 成美(徳島) 通算0優出0V
5号艇 森下 愛梨(静岡) 通算0優出0V
6号艇 野田部宏子(福岡) 通算1優出0V

(C)BOATRACE

 準優11Rは4号艇の西岡成美【写真上】に注目したい。4・3・2・3・2・1・3着で予選11位に入る活躍。自身7回目の準優出を果たした。これまで6回乗った準優の着順は3・3・5・6・3・F。3着が3回とあと一歩でデビュー初優出を逃す惜しいレースが続いている。6月の唐津ほぼ女子戦では準優で5コースから果敢に攻めたがプラス01のFに散る無念のレースもあった。今度こその思いは高まっていることだろう。尼崎は5月のGWレースでも準優出するなど好相性で、その節では6コースまくり差しで3連単26万5180円の超大穴も出していた。この準優でも波乱の立役者となりたいところだ。

<尼崎 5日目 12R 準優勝戦>
1号艇 遠藤 エミ(滋賀) 通算116優出33V
2号艇 宇野 弥生(愛知) 通算87優出15V
3号艇 寺田 千恵(岡山) 通算317優出70V
4号艇 原田 佑実(大阪) 通算23優出2V
5号艇 日高 逸子(福岡) 通算368優出75V
6号艇 池田奈津美(福岡) 通算0優出0V

 準優12Rの注目はなんといっても3号艇の寺田千恵【冒頭の写真】だろう。今期3コースは1・1・1・4・2・4・3・1・1・1・1着。11戦7勝で1着率64%という驚異的な数字だ。前節の桐生オールレディースでは準優で3コースまくり(3連単2万4830円)、優勝戦で3コースまくり差し(3連単1万9190円)と高配当を連発して優勝を手にしている。今節も赤いカポックでVロードを切り開くのか。

関連記事

  • レースリポート
    プレミアムG1レディースチャンピオンは8月4日(水) 浜名湖で開幕!
    2021.08.01
  • BOAT RACE公式
    下関オールレディース、優勝戦結果速報!!
    2021.07.31
  • レースリポート
    渡邉優美が下関オールレディースVで女子賞金ランキング8位に浮上
    2021.07.31