REPORT

レースリポート

(C)BOATRACE

ドリーム戦1号艇は松本晶恵 平和島巧者に意外な死角は!? オールレディース

2021.06.30

 平和島オールレディース(7月1日~6日開催)が1日に開幕を迎える。A1勢からは田口節子(岡山)、廣中智紗衣(東京)、長嶋万記(静岡)、西村美智子(香川)、松本晶恵(群馬)、松尾夏海(香川)が登場だ。

 今節はダブルドリーム制を採用。初日12R「レディースドリーム」の出場選手と、2日目12R「ヴィーナスドリーム」の出場予定選手は以下のとおり。

<平和島 初日 12R レディースドリーム>
1号艇 松本 晶恵(群馬) 今年1コース1着率72%
2号艇 廣中智紗衣(東京) 今年2コース1着率14%
3号艇 西村美智子(香川) 今年3コース1着率11%
4号艇 中谷 朋子(兵庫) 今年4コース1着率0%
5号艇 平田さやか(東京) 今年5コース1着率6%
6号艇 金田 幸子(岡山) 今年6コース1着率0%
 ※()内は支部

●2日目12R「ヴィーナスドリーム」(予定)
1号艇 田口 節子(岡山)
2号艇 長嶋 万記(静岡)
3号艇 松尾 夏海(香川)
4号艇 櫻本あゆみ(東京)
5号艇 山川美由紀(香川)
6号艇 富樫 麗加(東京)

 初日12Rの1号艇は松本晶恵【冒頭の写真】だ。今年インは29戦21勝で1着率72%と上々の成績。圧倒的な人気を背負う一戦となるだろう。

 松本といえば2016年の平和島クイーンズクライマックスを1・2・1・1着で優勝し、2018年にも再び平和島クイーンズクライマックスを4・2・1・1着で制覇。当地で2回もティアラ戴冠を果たしているだけに、女子屈指の"平和島巧者"として広く知れ渡っている。

 ただ松本は平和島を過去8節走って成績は2優出2V。実はクイーンズクライマックス以外では一度も優出していない。当地での1着は通算7本で、そのうち5本をクイーンズクライマックスでマーク。すなわちクイーンズクライマックスを除けば、6節走って1着2本だけと大苦戦しているのだ。

 特に平和島のイン戦は相性いまひとつで、過去11走して3・2・1・1・3・1・1・6・4・2・6着。11戦4勝で1着率は36%しかない。2017年の平和島ヴィーナスシリーズでは初日12Rドリーム戦でイン戦3着に敗れて3連単4万0650円、2019年の平和島ヴィーナスシリーズでも初日12Rドリーム戦でイン戦4着に敗れて3連単2万5380円と大穴を献上するケースも目立つ。

(C)BOATRACE

 打倒松本を狙う選手たちは多彩。2号艇には地元の廣中智紗衣が入り、3号艇には近況絶好調の西村美智子【写真すぐ上】が座る。4号艇の中谷朋子は平和島5優出2Vと当地好相性。5号艇の平田さやかは最近6月3節のうち2本も5コースまくり差しを決めており侮れない。6号艇の金田幸子はデビュー初Vを2007年平和島オール女子戦で飾っている。一筋縄ではいかないレースとなりそうな初日12Rドリーム戦だ。

関連記事

  • レースリポート
    イン57走連続3連対中の鎌倉涼がドリーム戦1号艇 桐生ヴィーナスシリーズ
    2021.10.26
  • レースリポート
    桐生ヴィーナスシリーズが25日から再開! お待たせのドリーム戦
    2021.10.25
  • レースリポート
    桐生イン9連勝中の松本晶恵が初日ドリーム戦1号艇で登場 ヴィーナスシリーズ
    2021.10.23