REPORT

レースリポート

(C)BOATRACE

初日1・1着の平高奈菜と初日6・6着の遠藤エミが2日目12Rで激突 住之江オールレディース

2021.06.13

 住之江オールレディース(6月12日~17日開催)が開幕した。初日メーンカードの12R「大スポドリーム」は、1号艇の鎌倉涼(大阪)がイン逃げで快勝。2着に3号艇の大瀧明日香(愛知)、3着に4号艇の川野芽唯(福岡)が入り、3連単1-3-4で1540円の6番人気決着となっている。

 さて2日目のメーンカードは12Rの「アクアドリーム」。以下のメンバーで争われる。

<住之江 2日目 12R アクアドリーム>
1号艇 平高 奈菜(香川) 今年1コース1着率85%
2号艇 遠藤 エミ(滋賀) 今年2コース1着率45%
3号艇 佐々木裕美(山口) 今年3コース1着率13%
4号艇 五反田 忍(大阪) 今年4コース1着率30%
5号艇 細川 裕子(愛知) 今年5コース1着率26%
6号艇 原田 佑実(大阪) 今年6コース1着率0%
 ※()内は支部

(C)BOATRACE

 レースの焦点は1号艇・平高奈菜【冒頭の写真】と2号艇・遠藤エミ【写真上】の対決だろう。平高は今年インで41戦35勝の1着率85%という女子トップクラスの数字。遠藤は今年2コースで20戦9勝の1着率45%とこちらも女子トップクラスの数字だ。女子屈指のイン巧者と2コース巧者がどんな勝負を演じるのか目が離せない。

 ただ両者は初日の結果でくっきり明暗をわけた。平高が初日2連勝で予選2位につけたのに対し、遠藤は初日6・6着で予選45位というまさかの結果になった。2日目は2人ともこの12Rの1回走り。3連勝を狙う平高と巻き返しを期す遠藤の激突に注目だ。

 また4号艇の五反田忍も見逃せない。今年4コースは20戦6勝で1着率30%の好成績。今年"4コースまくり"を6本も決めており、これは女子ナンバーワンの数字だ(※2位は小野生奈で5本)。カドから攻め込む展開に持ち込めるか。

 五反田が攻めれば5号艇の細川裕子にも出番。今年5コースは19戦5勝で1着率26%をマークしており、5コースの近況着順は3・3・2・2・1・1・2・1・1・3・3着で実に11走連続3連対中だ。近況8節連続優出中と絶好調の細川が黄色いカポックで魅せるのか。

関連記事

  • レースリポート
    プレミアムG1レディースチャンピオンは8月4日(水) 浜名湖で開幕!
    2021.08.01
  • BOAT RACE公式
    下関オールレディース、優勝戦結果速報!!
    2021.07.31
  • レースリポート
    渡邉優美が下関オールレディースVで女子賞金ランキング8位に浮上
    2021.07.31