REPORT

レースリポート

(C)BOATRACE

2日間でイン1着率わずか29% インで勝てるのは水野望美ら一部 戸田オールレディース

2021.06.01

 戸田オールレディース(5月31日~6月5日開催)は2日目を終えた。2日目のメーンカード12R「ウインビー選抜」は、1号艇の田口節子(岡山)がイン逃げで快勝。田口は1・1・6・1着で予選首位に浮上している。

 さてシリーズ序盤の2日間を終えた戸田オールレディースだが、今節はインの苦戦ぶりが目立つ展開に。ここまで2日間の全24レースでイン逃げ決着はわずか7回だけ。イン1着率29%というかなり低い数字だ。イン受難水面の戸田らしい展開となっている。

 今節イン逃げを決めた選手の顔ぶれは、初日が安達美帆、清埜翔子、原加央理の地元埼玉勢3人、2日目が宇野弥生、野田祥子、水野望美、田口節子の4人だ。このメンバーを頭に入れたうえで次のデータを見ると興味深い。

1位 宇野 弥生 81.5% (2日目7R1号艇、1着)
2位 水野 望美 79.2% (2日目9R1号艇、1着)
3位 田口 節子 74.2% (2日目12R1号艇、1着)
4位 遠藤 エミ 70.0% (初日12R1号艇、転覆)
5位 岸  恵子 69.2% (初日4R1号艇、3着)
5位 島田なぎさ 69.2%
7位 海野ゆかり 69.0%
8位 三浦 永理 66.7% (2日目5R1号艇、2着)
9位 大瀧明日香 65.5% (初日7R1号艇、F)
10位 日高 逸子 62.5%

(C)BOATRACE

 上のデータは今節出場メンバーのなかでの「前期イン1着率ベスト10」だ。これを見ると、前期イン27戦22勝で1着率81.5%の宇野弥生【写真上】は、2日目7Rの1号艇できっちりイン逃げを決めて快勝。また前期イン24戦19勝で1着率79.2%の水野望美【冒頭の写真】と、前期イン31戦23勝で1着率74.2%の田口節子も、2日目に回ってきた1号艇でイン逃げを決めている。イン受難の今節でもイン巧者トップ3は1号艇でしっかり勝ち切ったことになる。

 しかし4位以下を見ると、4位の遠藤エミは1号艇で転覆、5位タイの岸恵子は1号艇で3着、8位の三浦永理は1号艇で2着、9位の大瀧明日香は1号艇でFと誰も勝てていない状態。トップ3とは明暗がはっきり分かれている。

 3日目は7位の海野ゆかりが7Rの1号艇、10位の日高逸子が11Rの1号艇で登場(※5位タイの島田なぎさは初日にFがあったため今節は1号艇が回ってこない見込み)。海野は減点10が響いて予選25位と出遅れているだけに勝ってポイントアップしたい一戦に。日高は予選2位につけているだけにシリーズリーダーを狙うには勝ち切りたい一戦になる。戸田のインをいかに攻略するのか注目したい。

関連記事

  • レースリポート
    初日1・1着の平高奈菜と初日6・6着の遠藤エミが2日目12Rで激突 住之江オールレディース
    2021.06.13
  • レースリポート
    初日ドリーム戦は今年イン平均STコンマ12の鎌倉涼 住之江オールレディース
    2021.06.12
  • レースリポート
    竹井奈美が雪辱の江戸川初Vで通算9回目の優勝
    2021.06.11