REPORT

レースリポート

(C)BOATRACE

川野芽唯・平山智加・平高奈菜が得点率9.40で並ぶ大混戦 丸亀ヴィーナス

2021.05.14

 丸亀ヴィーナスシリーズ(5月11日~16日開催)は前半戦が終了した。3日目を終えての予選上位18人は以下のとおり。

1位 川野 芽唯(福岡) 9.40
2位 平山 智加(香川) 9.40
3位 平高 奈菜(香川) 9.40
4位 小野 生奈(福岡) 9.17
5位 中村 桃佳(香川) 8.80
6位 倉持 莉々(東京) 8.60
7位 西村美智子(香川) 8.60
8位 松本 晶恵(群馬) 8.40
9位 松尾 夏海(香川) 8.00
10位 出口舞有子(愛知) 7.80
11位 山下 友貴(静岡) 7.60
12位 大瀧明日香(愛知) 7.60
13位 鎌倉  涼(大阪) 7.40
14位 薮内 瑞希(岡山) 7.20
15位 犬童 千秋(福岡) 6.80
16位 角 ひとみ(広島) 6.80
17位 倉田 郁美(静岡) 6.33
18位 池田奈津美(福岡) 6.00

19位 中田 夕貴(埼玉) 6.00 
20位 櫻本あゆみ(東京) 5.67

 1位の川野芽唯【冒頭の写真】が1・1・1・2・4着で5走47点の得点率9.40、2位の平山智加が3・1・2・2・1着で5走47点の得点率9.40、3位の平高奈菜が2・1・2・3・1着で5走47点の得点率9.40。上位3人が同得点率で並ぶというまれにみる大混戦のシリーズリーダー争いとなってきた。

 4日目は3人とも得点に関係する10Rまでに走る予選は1走。川野が6R3号艇、平山が5R5号艇、平高が7R2号艇で登場する。川野は首位を守って昨年12月の芦屋ヴィーナスシリーズ以来となる予選トップ通過を果たしたいところ。平山は意外にも予選トップ通過から遠ざかっており、昨年4月の福岡ヴィーナスシリーズが最後。約1年1カ月ぶりの予選1位となるか。平高は今年すでに2回の予選トップ通過をマーク。1月の下関オールレディース、4月の常滑オールレディースに続く今年3回目の予選1位を狙う。

 なお平山と平高は得点率も上位着も並んでいる状態。最高タイムが平山が1分49秒2、平高が1分49秒7のため、平山が予選2位、平高が予選3位となっている。4日目は上がりタイムも意識した走りが必要になってくるかもしれない。

(C)BOATRACE

 準優進出ボーダー付近では櫻本あゆみ【写真すぐ上】に注目したい。3日目7Rで2コースまくりを決め、これがデビュー通算300勝の節目に。今節は2連対率43位の低勝率モーター25号機にやや手を焼いていたが、2日目にピストンリング2本の交換を行うなど立て直しに着手し、4・3・4・6・1・5着で予選20位まで挽回してきた。

 櫻本といえば丸亀巧者としてもよく知られるところ。昨年3月に丸亀男女ダブル戦で優勝するなど、当地は過去9節走って4優出1Vという抜群の相性だ。4日目は8R1号艇で登場。絶好枠で逆転の勝負駆け成功となるか。

関連記事

  • レースリポート
    若松オールレディース初日 平高奈菜が今節も開幕ダッシュなるか
    2021.09.19
  • レースリポート
    平山智加や遠藤エミらが田口節子の24場制覇止めるか 福岡オールレディース
    2021.09.18
  • レースリポート
    順延後の福岡オールレディース 平山智加ら準優1号艇3人に強敵あり!?
    2021.09.17