REPORT

レースリポート

(C)BOATRACE

レディースVSルーキーズバトル 団体戦のゆくえは?

2021.05.09

ボートレース宮島で開催中のレディースvsルーキーズバトルは大接戦になっている。
4日目終了時点の団体ポイントは、レディースが15、ルーキーズが16だ。
団体優勝チームには、各選手に賞金10万円の団体賞が支給される。レーサー個々の成績はもちろんだが、チーム戦を抜きに語れないシリーズである。

2018年に創設されたこの大会では、デビュー6年未満の男子24名がルーキーズチームを構成することになっている。これは、ルーキーシリーズと同じ規定だが、「オーバーエイジ枠」は設けられていない。
一方、レディース24名に年齢枠などはない。

これまで三国・江戸川・びわこ・津・丸亀・常滑と6回開催されてきたが、団体戦は3勝3敗のイーブン。この宮島でいったん、優劣が決まる。

そんな注目のシリーズは4日目終了時点で、ポイント15対16。ルーキーズがわずか1ポイント先行しているに過ぎず、どうやら最終日までもつれ込みそうだ。

そのポイントのしくみは概ね次のとおりである。

(C)BOATRACE

まず、団体戦の対象レースは、全72レースのうちの48レースだ。
上記表の★印がついているレースである。
当然、男女3名3名で行われ、着順ごとに得点(減点もある)が付与されることになっている。

(C)BOATRACE

その得点合計の多い方がポイントを取ることになっている。
ポイントは、予選&一般戦が1、特別選抜B戦が4、特別選抜A戦8,優勝戦は12となっている。

(C)BOATRACE

4日目までの対象レースは32あるが、同点となったケースもありポイントは15対16となっている。
5日目は1ポイントずつだが、最終日は加算が大きいだけに予断を許さない状況だ。

また、個人成績上位者は次のとおりである。(得点率順)
この12名が5日目の準優勝戦(11Rと12R)に臨むが、準優勝戦は男女に分かれ戦う。上位3名ずつが優勝戦に進むしくみだ。

(C)BOATRACE

ボートレース宮島で開催中のレディースvsルーキーズバトルは…、
「人気のレディース戦のゆくえ」
「売り出し中のルーキー世代の躍進」
「男女が競う競技の特異性」
「団体戦の勝敗のゆくえ」
「優勝者は誰になるのか」など、見どころや切り口が多彩だ。

だからこそ、ファンそれぞれの視点で熱く燃えることのできるシリーズである。

また、準優戦に登場するルーキーズ井上忠政・レディース小芦るり華から本レースに向けた意気込み動画も公開中だ。レース前にぜひお目通しいただきたい。

Twitterでは出場選手が盛り上げるTwitterキャンペーンも実施中。明日10日が締切となっているので、参加がまだの方はお急ぎを!詳細は↓リンクよりご参照下さい。

<締切は明日!豪華景品が当たるレディースVSルーキーズバトルTwitterキャンペーン>
https://twitter.com/Lets_BOATRACE/

関連記事

  • レースリポート
    若松オールレディース初日 平高奈菜が今節も開幕ダッシュなるか
    2021.09.19
  • レースリポート
    平山智加や遠藤エミらが田口節子の24場制覇止めるか 福岡オールレディース
    2021.09.18
  • レースリポート
    順延後の福岡オールレディース 平山智加ら準優1号艇3人に強敵あり!?
    2021.09.17