REPORT

レースリポート

(C)BOATRACE

レディースVSルーキーズ初参戦の田口節子が2日目連勝マーク

2021.05.06

 宮島でのボートレースレディースVSルーキーズバトル(5月5日~10日開催)は2日目を迎えた。各レースの1着選手と団体戦ポイント獲得状況は以下のとおり。

1R 吉川 貴仁 1コース逃げ
2R 寺田 千恵 3コース差し
3R 井上 忠政 2コース抜き
4R 落合 直子 1コース逃げ
5R☆大山 千広 1コース逃げ
6R☆宮田 龍馬 1コース逃げ
7R★田口 節子 3コース差し
8R☆宇留田翔平 1コース逃げ
9R☆吉川 貴仁 4コースまくり
10R★三浦 永理 1コース逃げ
11R☆宮之原輝紀 3コースまくり
12R☆田口 節子 1コース逃げ
(※★はレディースがポイント獲得、☆はルーキーズがポイント獲得)

 2日目はルーキーズが6点、レディースが2点とルーキーズ優勢の展開に。これで2日間合計の団体戦ポイントはルーキーズが9点(初日3点、2日目6点)、レディースが7点(初日5点、2日目2点)となり、ルーキーズが逆転して2点リードを奪った。

 レディース勢で2日目奮闘を見せたのは田口節子(岡山)【冒頭の写真】だ。7Rで3コース差し、12Rでイン逃げを決めて2連勝をマーク。2・1・1着でレディース予選首位に浮上した。

 ちなみにレディースVSルーキーズバトルはこれが7回目の開催になるが、田口は今回が初参戦。ここまでは期待に応えてレディースチームを引っ張る活躍を見せている。3日目は2R5号艇と7R6号艇で登場。外枠2回走りとなるだけに、レディース予選トップ通過に向けて正念場の一日となりそうだ。

(C)BOATRACE

 レディース勢で3日目のカギを握ってくるのは長嶋万記(静岡)【写真すぐ上】か。7R4号艇と12R2号艇で登場。いずれも団体戦ポイント対象レースで、7Rでは内枠3人のルーキーズ勢に対して攻め込む役割を、12Rでは外枠3人のルーキーズ勢を封じ込める役割を担うことになりそうだ。

 長嶋はここまで1・2・2着でレディース予選3位。今節手にしたモーターは2連対率42位の低勝率機だが、初日にコンマ06のスタートを2本決めるなど果敢な走りで魅せている。

 長嶋はレディースVSルーキーズバトルに出場するのはこれが4回目という常連組。過去出場した3大会は団体戦2勝1敗と勝ち越しており、個人戦でも昨年5月の丸亀大会で優出した実績を持つ。今回もレディースチームのけん引役となってくるのか注目だ。

関連記事

  • レースリポート
    初日1・1着の平高奈菜と初日6・6着の遠藤エミが2日目12Rで激突 住之江オールレディース
    2021.06.13
  • レースリポート
    初日ドリーム戦は今年イン平均STコンマ12の鎌倉涼 住之江オールレディース
    2021.06.12
  • レースリポート
    竹井奈美が雪辱の江戸川初Vで通算9回目の優勝
    2021.06.11