REPORT

レースリポート

(C)BOATRACE

2日目ドリーム戦は平山智加vs大山千広が焦点 常滑オールレディース

2021.04.22

 常滑オールレディース(4月22日~27日開催)が開幕した。初日メーンカードの12R「1stドリーム」は、1号艇の平高奈菜(香川)がインから逃げ切って快勝。2着には6コースから差した6号艇の宇野弥生(愛知)、3着には道中追い上げた3号艇の細川裕子(愛知)が入り、3連単1-6-3で5610円の15番人気決着となっている。

 さて2日目のメーンカードは12Rの「2ndドリーム」。以下のメンバーで争われる。

<常滑 2日目 12R 2ndドリーム>
1号艇 平山 智加(香川) 今年1コース1着率77%
2号艇 大瀧明日香(愛知) 今年2コース1着率13%
3号艇 金田 幸子(岡山) 今年3コース1着率8%
4号艇 長嶋 万記(静岡) 今年4コース1着率0%
5号艇 大山 千広(福岡) 今年5コース1着率27%
6号艇 中里 優子(埼玉) 今年6コース1着率0%
 ※()内は支部

 1号艇で登場するのは平山智加【冒頭の写真】。圧倒的な人気を背負う一戦となりそうだ。平山は今年インで17戦13勝の1着率77%と上々の成績。ちなみに今年インで4敗しているが、そのうち3敗は1月のG1戸田周年(5着)、2月のG1四国地区選手権(2着)、3月のSGボートレースクラシック(F)と男女混合の記念レースだ。女子レースに限れば今年インは12戦11勝で1着率92%という鉄壁ぶり。敗れたのは3月の児島ヴィーナスシリーズで堀之内紀代子に3コースからまくり差された1件だけしかない。この2日目12Rでも他を寄せ付けないイン逃走を見せるのか。

(C)BOATRACE

 対抗一番手は5号艇の大山千広。初日4Rで鮮やかな5コースまくり差しを決めたばかり。今年に入ってすでに5コースからの1着が3本もあり、今年5コース成績は11戦3勝で1着率27%だ。黄色いカポックでどんな攻めを見せるのか注目したい。

 そのほかで気になるのは4号艇の長嶋万記だ。今年4コースは11戦0勝でまだ白星がない。4コースからの1着は昨年10月の三国戦で4コースまくり差しを決めたのが最後。もう半年以上勝てておらず、4コース24連敗中だ。ただこの24走で2着が6本、3着が10本あり、3連対率は67%と高めの数字。舟券のカギを握ってくる存在かもしれない。

関連記事

  • レースリポート
    遠藤エミがドリーム快勝! 平高奈菜もまくって白星! 浜名湖レディースチャンピオン
    2021.08.05
  • レースリポート
    近況3節連続大穴献上の大山千広が雪辱期す 浜名湖レディースチャンピオン
    2021.08.04
  • レースリポート
    G1レディースチャンピオン ドリーム戦に波乱要素あり
    2021.08.04